2014年12月

意外と知らない便利機能!ビジネスフォンの通話録音機能とは?

意外と知らない便利機能!ビジネスフォンの通話録音機能とは?

ビジネスフォンの「通話録音機能」をご存知ですか? 文字通り、通話の内容をそのまま録音できる機能です。この通話録音機能で録音した通話は、以後、さまざまな業務に役立てることができます。この便利な機能を紹介します。

通話録音機能とは?

ビジネスフォンに搭載されている通話録音機能とは、通話内容を録音できる機能です。かかってきた電話の通話内容や、社員同士の内線通話の内容をそのまま録音できます。

通話中に、ビジネスフォンに搭載されている通話録音用のボタンを押すだけで、録音がスタート。後で何度も聞き返すことができるので、大事な用件も、もしメモしそびれてしまった場合であっても便利です。電話機によっては、受けた電話はすべて自動で録音するように設定することもできます。

通話録音機能は、こんなときに便利!

通話録音機能は、重要事項の話などのとき、メモする内容が多いとき、お客様からの問い合わせのとき、相手が外国語をしゃべる人だったとき、重要な会議通話のときなどさまざまなシチュエーションで便利に利用できます。

重要な内容やお客様からのクレームなどの場合は、後日社内で共有して、業務改善に役立てることもできます。

また、録音した内容をそのまま伝言メモとして相手に伝えられる「ボイスメール」機能も同時に利用すると便利です。通常、不在時に電話を受けた場合、伝言メモを残す必要がありますが、ボイスメールなら通話の内容がそのまま伝言メモになるので、確実に取り次ぐことができます。

a0002_004913-300×199

通話録音装置を接続する方法も

現在使っているビジネスフォンに、通話録音機能が付いていない場合には、通話録音装置を別途追加することもできます。電話機1台につないで通話録音できるタイプから、1台で複数の電話機の通話録音できるタイプまで、利用用途や頻度によって選ぶことができます。

貴重な通話内容を録音することで、業務効率の向上も見込めます。この便利な機能、ぜひ利用してみてください。

回線種別を変更したきっかけは?

回線種別を変更したきっかけは?

現在主流の電話回線には、アナログ回線、ISDN回線、光電話・IP電話があります。これらのいずれかを利用していて、他の電話回線に切り替えたいというケースは多いようです。

業務拡大に伴うオフィス拡大、オフィス移転、コスト削減のためなど、その理由はさまざま。そこで、電話回線の回線種別を変更したきっかけにはどんなものがあるのかを見てみましょう。

オフィスの回線種別を変更したきっかけって何だった?

「オフィスを移転する際、アナログ回線から光電話に回線種別を変更したい」

このようなケースは多くあるようです。例えば、これまで小規模で運営していた会社が、事業の成長と共に、従来の電話回線や電話機の環境では電話を受け切れなくなるというのはよくある話です。

この場合、回線種別を変更することで、着信数不足を補うことができます。また、通話中もFAXの送受信したいというニーズがある場合、ISDN回線や光電話に切り替えることは、十分意味があります。

このように、企業の規模拡大がきっかけとなり、電話回線種別の変更を余儀なくされるケースは多いようです。

「業務効率アップ・コスト削減のため」がきっかけになることも

アナログ回線は、どうしてもビジネス利用では物足りないところがあります。業務効率を改善したり、コスト削減を実現したりするためには、どうしても他の電話回線を検討する必要があるでしょう。実際、同時に2通話可能なISDN回線や光電話にしたり、コスト削減のために通信料が比較的割安になる光電話にしたりすることは、多くの企業で実施されていることです。

また、インターネットの速度を上げたいというニーズが起きることもあるでしょう。そんなときは、やはり光回線が重宝されます。

電話回線種別の変更を検討するときというのは、オフィス移転や引越しなどがきっかけになることが多いものです。しかし、同時に電話機やコピー機などの変更も考える必要があるため、なかなか十分な検討がむずかしいもの。専門の業者に依頼するなどして、各回線のメリット・デメリットを聞いて、効率良く切り替えるのをおすすめします。

2014-12-17(水) 12:47

直収型電話サービス

直収型電話サービス

おとくラインがおとくに使える秘密は「直収型電話サービス」にあります。

『直収型電話サービス』とは??

最寄のNTT局舎内に設置してあるソフトバンクテレコムのNTT以外の通信設備を使用するものです。

NTTの通信設備を使わない為、基本料金と通話料金が非常にお得になるサービスです。

電話サービス内容やオプション類は、NTTと変わらず、

ボイスワープや代表組、キャッチフォンなど、ご利用中サービスはそのままご利用頂けます。

長距離通話が多い方はもちろん、近中距離通話の多い方には、通話料金でコスト削減、

また電話をあまり使われない方でも、基本料金でコスト削減が可能です。

『直収型電話サービス』のより詳しい説明は固定電話ドットコムにお問い合わせください!

2014-12-15(月) 16:38

申込む前に確認すること

申込む前に確認すること

ひかり電話を申込む前に確認すること

ひかり電話にはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。

申し込む前によく検討してからお申し込み下さい。

 ネット環境は?

ひかり電話を使うには光回線(フレッツ光)が必要なので、フレッツ光が契約出来ないといけません。

申し込みの前にフレッツ光が使える環境かどうか確認しましょう。

  今使っている番号は?

・NTT加入電話を現在利用している場合 →

同番移行可能エリアであれば、そのまま同じ番号が使えます。

・NTT加入電話以外の電話を現在利用している場合 →

現在利用している電話番号が、NTT加入電話から移行したもので、同番移行可能エリア内なら同じ番号が使えます。

  マイラインは?

加入電話などから今、使っている電話番号を継続してひかり電話でも使う方の場合、マイライン契約は解除されます。

 停電の時、通話・通信が出来ない

停電の時は通信機器の電源が切れてしまうので、通話・通信が出来ません。

しかし、停電時発着信機能付電話機とひかり電話停電対応機器「光モバイルバッテリー」があると停電時でもひかり電話を使うことが出来ます。

停電時発着信機能付電話機がなくてもスマートフォンと無線LAN環境があれば、停電の時でもひかり電話を使うことも出来ます。

→ 「スマホ de ひかり電話」

「スマホ de ひかり電話」なら停電でなくても普段から家ではスマホがひかり電話として使えます。

電話帳も発信・着信履歴もそのままスマホのものが使えるので大変便利です。

  繋がらない・掛けられない番号がある

ひかり電話は、一部接続できない電話番号があります。

電話番号

サービス名等

接続可否

0120 フリーアクセス/フリーダイヤル等 ○
0170 伝言ダイヤル ×
0180 テレドーム ○
0180 テレゴング/データドーム ×
0570 ナビダイヤル ○
0800 フリーアクセス/フリーアクセス ネクスト等 ○
0910 公専接続 ×
0990 ダイヤルQ2 ×
0990 義援金募集番組 ○

電話の事なら固定電話ドットコムにお任せ下さい!

ビジネスチャンスを逃さない!ボイスワープの活用法

ビジネスチャンスを逃さない!ボイスワープの活用法

業務上、ビジネスフォンの転送機能は非常に重宝するものです。多くの方が、すでに利用されていることでしょう。しかし、この転送機能をさらに発展させた「ボイスワープ」の存在をご存知の方は少ないはず。そこで、ボイスワープの概要や活用法をご紹介します。

事務所不在時でも電話を確実に受信!ボイスワープとは?

小規模企業なので事務所の常駐人数が少ない、もしくは日中事務所を空けることが多いという場合、事務所にかかってきた電話をそのまま転送して、応対しやすい電話で受けるという方法が考えられます。それを可能にするサービスが、NTTの「ボイスワープ」です。

ボイスワープには、「自動転送」と「応答後転送」の2種類があります。

「自動転送」とは、かかってきた電話を、電話機を鳴らすことなく、直接、あらかじめ指定しておいた電話に転送することができるもの。これを「無条件転送」といいます。また、自動転送には、「無応答時転送」というものもあります。これは、一度転送元の電話を呼び出した後に、指定の電話に転送するものです。転送元の電話機でも受話器を上げれば相手と話すことができます。

もう一つの「応答後転送」とは、一度転送元の電話機で対応してから、携帯電話などに転送するというものです。

外出先からも設定変更が可能

このように、ボイスワープは設定に応じて色々なパターンを使い分けられます。この設定変更は、外出先からも変更できるので、とても便利です。例えば、営業の外回りで外出している最中は、事務所にかかってきた電話を「無条件転送」で自分の携帯電話に転送する設定にしておくことなどが考えられます。

また、転送電話を受けるときは、転送先に転送元の電話番号などを知らせる音声ガイダンスが流れるので、どこから転送されてきた電話なのかが分かります。

ひかり電話でもボイスワープはある!

最近では、ひかり電話を導入している企業も多いことでしょう。このボイスワープのサービスは、ひかり電話にも付けることができます。便利に利用できるだけでなく、かかってきた電話をいつでもどこでも受け取ることができることから、ビジネスチャンスを逃すことはありません。

加入電話や加入電話・ライトプランに付ける場合、事務用では800円(税抜)、ひかり電話の場合には1番号につき500円(税抜)の月額で運用ができます。

ボイスワープを活用して、ビジネスフォンの転送機能を極めましょう!

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-130-493

0120-130-493

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ