【オフィス移転】ひかり電話に変更したい!

【オフィス移転】ひかり電話に変更したい!

オフィスの移転を考えている企業の担当者の方にとって、これまで使用してきた電話回線を使い続けるのがいいのか、それとも新しい通信環境を導入し、心機一転スタートさせればいいのかは悩みどころです。

そこで、もしNTTのひかり電話に変更する場合の、変更方法や手順、注意点などをご紹介します。

オフィス移転が決定!ひかり電話に変更する手順とは?

オフィスの移転が決まったといったとき、色々なオフィス環境・設備の再検討をするチャンスです。きっと担当者は大いに頭を悩ますことでしょう。

特に電話回線やインターネットなどの通信環境は、ビジネスにおける重要な要素。ぜひ役立つノウハウを知りたいものです。

もしひかり電話を導入したいという場合、どんな手順で行えばいいのでしょうか。

もし移転前のオフィスで、「フレッツ光」を利用している場合、電話の引越し手続きだけで済みます。「フレッツ光」のサービスがそのまま移転先に移行され、使用することができるのです。

これまで「フレッツADSL」や「フレッツISDN」を使用していたという場合には、これまでのサービスを解約し、新たに「ひかり電話」と「フレッツ光」を申し込む必要があります。

ひかり電話に変更する際の注意点

これまでのサービスを解約し、ひかり電話に乗り換えるといった場合、まず移転先のオフィスの建物に「フレッツ光」が提供されているかどうかを確認する必要があります。もし提供されていない場合には、使用開始に時間がかかることもあるので注意しましょう。

オフィス移転が決まった段階で、すぐに確認しておくのをおすすめします。

また、フレッツ光が開通していても、場合によっては光ケーブルを引き込む工事が必要です。開通工事の日時の手配も合わせて行っておきましょう。

ひかり電話を導入する場合、オフィス向けタイプのプランもあります。移転先で、より通信コストをかけず、効率的な業務を行うためにもよくサービス内容を把握しましょう。

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-130-493

0120-130-493

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ