【オフィス移転】アナログ回線に変更したい!

 【オフィス移転】アナログ回線に変更したい!

オフィス移転が決まり、次なる電話回線がアナログ回線に決まっているという場合、どのような手順で行えばいいのでしょうか。例えば、これまでISDN回線を使用していた場合には、再構成が必要になります。また、アナログ回線に変更することにより、インターネット環境も変化します。

まだ移転先の回線が決まっていないという方も、アナログ回線にした場合、どんなことが必要になるのかをチェックしておくのをおすすめします。

オフィス移転時にアナログ回線にしたい場合

災害時などで、電力の供給がストップしてしまった場合、電話網は壊滅状態になります。そんなとき、アナログ回線は比較的つながるケースが多いといわれているため、ライフラインとして重宝されるケースが増えてきました。オフィス移転時にも、アナログ回線を検討される方は多いでしょう。

また、アナログ回線は、インターネット回線が不要な店舗や個人事業主などにも利用されています。同時通話数も1通話のみで十分、という業態であれば問題ないでしょう。

ISDN回線から変更する場合には注意が必要

オフィス移転後にアナログ回線を導入したいといっても、移転先の回線がISDN回線になっている可能性もあります。その場合には、アナログ回線への切り替えが必要になります。

また、移転前にISDN回線を使用していた場合も、ターミナルアダプタなどの機器は継続利用できなくなります。よく、ターミナルアダプタのアナログポートが使えるのではないかと思われる人もいるようですが、実際は使用できません。

ADSL回線の契約をしよう

電話をアナログ回線にすると、インターネット回線にはADSL回線を敷くことができます。

NTTのプランも、INSネット64か、INSネット64・ライトを使用していた場合には、アナログ回線の加入電話か加入電話・ライトプランに変更することで、ADSLを契約して利用できるようになります。

移転後、アナログ回線にしたいという場合には、移転先の回線状況を下調べすることから始めましょう!

ご相談・お見積もり・お申し込みをご希望の方!まずはお問い合わせください

24時間受付!携帯・PHSからもOK!0120-130-493

0120-130-493

固定電話.comのWEBサイトはこちら
お見積り・お問い合わせ